充電しないMacの修理

目次

新潟件、W様からのご依頼

Macを使用中に突然充電しなくなってしまい、それから電源は入るが充電しなくなってしまったとの事。バッテリーを自分で交換しようとしたが、難易度が高く諦めたとのご申告。

事前の見積もりにて、「25,800円~33,800円」程度の費用になる事をお伝えし、ご了承の上郵送していただきました。

Macが到着、状態の確認へ

まずはアダプタを繋ぎます。ご申告通り、オレンジに点灯はするものの、MacOS上では充電されていませんとの表示。

バッテリーを仮交換しても充電されないので、ロジックボードの故障の診断となります。

ロジックボードの故障ですので、分解してボードを取り外していきます。

ロジックボードのみの状態になりました。

充電しない原因の調査

続いて原因を調査していきます。

調査につきましてですが、まずは目視での確認を行っていきます。取り外した面に特に見た目には異常は見られませんでした。

しかし裏返してみると・・・。

若干ではありますが、水没跡が見られます。どこだか分かりますか?

ここですね。わずかではありますが、水没跡があります。

アップにしてみるとこんな感じです。

場所的に充電を管理する回路なので、今回の原因はこの水没で間違いなさそうです。

不良部品の交換と、修復作業

ここから、実際に修理作業を行って行きます。

まずは目に見える水没跡と、テスターを使用し計測して不良があったチップを取り除きます。

何かまだ汚く見えますけど、これはハンダ付けをするのに必要な、フラックスという薬品を塗布しているからです。

不良チップ(今回はコンデンサとチップ抵抗)を交換していきます。

ツメの先と比較すると分かると思いますが、もの凄く小さい部品ですので、毎回気を遣います。どこかへ飛んでってしまい、それが基板上に残ってしまった場合は、最悪の場合ショートを起こして再度修理を行うハメになります。ですので、毎回慎重に作業を行います。

チップの交換を行い、テスターで測定し、各数値などに問題は無いか、電気の通り道は正常に通ってるかなどの詳細な確認を行い、基板上でのトラブルは解決している状態になりました。

動作確認とテスト作業

修理を行いましたので、症状が改善しているか確認をします。基板上では問題なくても、MacOS上で充電されない場合があります。その際は、不良箇所を再度探して・・。といった作業の繰り返しになります。

全部組み立てを行わず、最低限のネジしか取り付けない「仮組」という状態で確認を行います。

今回は、無事に充電されていました。充電速度も正常な事を確認し、その後ご申告以外の不具合が無いか徹底的にテストします。

その他異常が無い事を確認できましたので、無事に修理完了となりました!

今回かかった時間と料金

今回の作業は3時間程でした。分解やテスト・確認作業があるので、案外時間がかかってしまいます。

さて今回実際かかった費用ですが、

充電回路修理費用…28,800円+往復送料(約2,800円)

となりました。特に追加の修理もありませんでしたので、最初の見積もり内での修理となり、お客様にも大変ご満足いただきました。

今回の修理のように、水没してしまった、充電しなくなった等の症状が出てしまった方は、是非当店にご相談ください。

もちろん、お見積もりやご相談だけでも大歓迎です! スタッフ一同心よりお待ちしております!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次