Macの画面割れを修理する際の相場は?各修理先のメリットやデメリットについても解説

「Macの画面が割れてしまったので修理料金が知りたい」
「Appleとそれ以外の修理業者どちらがよいか知りたい」

このような悩みをお持ちではないでしょうか。

この記事では、Macの画面が割れてしまった場合の修理料金の相場やApple・一般の修理業者それぞれに修理を依頼する場合のメリットやデメリットについて解説します。

記事を読むことで、自身にあった修理料金の相場を知ったうえで、自分にあった修理先に依頼できるようになるので、ぜひ参考にしてください。

MacLogicRepairのご案内

画面修理対応

11,000円+交換部品代金

私たち、MacLogicRepair(マック・ロジック・リペア)は、Mac修理のプロフェッショナル集団です。他店では実現不可能な低価格でのMac修理を提供しています。どんなことでもご相談ください。解決への近道をご提案いたします。

目次

Macの画面割れが発生する原因

Macの画面割れが発生してしまう原因には次のようなものがあります。

  • 落下や圧迫時の衝撃
  • 経年劣化
  • 急激な温度変化

それぞれについて詳しく解説します。

落下や圧迫時の衝撃

Macだけに限らず、PCの液晶パネルは精密機械であり、衝撃にはあまり強くありません。そのため、Macを落下させたり、物をぶつけたりすると衝撃によって画面が割れてしまう可能性があります。

また、圧力によって壊れるケースも少なくなく、満員電車への乗車やカバンに物を詰め込みすぎた際の圧によって割れてしまう場合もあります。

液晶パネルは、状況にもよりますが驚くほど簡単に壊れます。長く使用するためにも出来るだけ丁寧に扱うようにしましょう。MacBookの閉じる際にノートなどを挟むのも控えるのがおすすめです。

経年劣化

Macの液晶パネルは、経年劣化によって割れてしまう場合もあります。

経年劣化による画面割れは防ぎようがありません。もし、長い期間使用した結果の画面割れである場合、修理ではなく買い替えを検討したほうがコストパフォーマンスが良いケースもあります。

急激な温度変化

Macの液晶パネルは、急激な温度変化によって割れる場合もあります。

気温が低い場所で長時間使っていたMacを、気温が高い場所に移ってすぐに使用した場合に液晶パネルに負担がかかる場合があります。1回や2回の温度差ですぐに割れるケースは少ないです。しかし、何回も繰り返すと液晶パネルが限界をむかえ壊れる可能性が高くなります。

Macを長い期間使用するためにも、温度差の高い場所でMacを使用する場合はすぐに起動せず、一定の時間を置きMacの温度を落ち着かせてから起動するようにしましょう。

Macの画面割れ修理時の各修理先別の料金相場

Macの画面割れを修理する方法としては主に次の方法が挙げられます。

  • Appleストア・正規サービスプロバイダなどの公認の修理店
  • 公認店以外の一般の修理業者
  • 自分で修理する

それぞれの修理先における修理料金の相場について解説します。ただし、紹介する料金は目安であり、機種や状況によっても変わりますので、参考として見てください。

修理先料金相場修理期間の目安
Apple(保証あり)12,900円3~7日
Apple(保証なし)40,000~90,000円3~7日
一般の修理業者10,000~70,000円即日~5日
自分で修理10,000~20,000円

※2023年8月28日現在の価格です。

MacLogicRepairのご案内

画面修理対応

11,000円+交換部品代金

私たち、MacLogicRepair(マック・ロジック・リペア)は、Mac修理のプロフェッショナル集団です。他店では実現不可能な低価格でのMac修理を提供しています。どんなことでもご相談ください。解決への近道をご提案いたします。

Apple(保証あり)の料金相場

Appleの有料保証サービスである「Apple care+」に加入していれば12,900円で画面割れを修理可能です。

Apple製品には購入時に「Apple care」という1年間の保証がついてきますが、これとは別に有償の「Apple care+」という保証サービスが用意されています。

「Apple care+」に加入すれば、保証期間は2年になることにくわえ、落下や水没など過失による故障であっても1年間につき2回までであれば、通常以下の料金で修理できるようになります。

画面割れは、過失による故障と判断されるケースがほとんどです。そのため「Apple care+」に加入していても修理料金は発生しますが、12,900円と通常よりも安い料金で修理できます。

ただし、上記料金は「画面割れまたは外部筐体」が故障している場合の料金です。それ以外の箇所が故障している場合は37,100円の料金が必要になります。

※掲載の価格は、2023年8月28日現在の価格です。

Apple(保証なし)の料金相場

Appleストアに見積もりを出した際「保証の対象外」「保証期間が切れている」などの場合は、通常の修理料金が発生します。状態や機種によっても変わりますが、画面割れであれば40,000~90,000円ほどで修理が可能です。

ただし、機種が新しい場合や16インチなど画面が大きい場合は、10万円を超えるケースもあります。

Appleストアや正規サービスプロバイダに修理を依頼した場合は、液晶パネルの交換ではなく、Mac上部を丸ごと交換するので、上部に傷や破損があってもきれいな状態で返ってきます。

※2023年8月28日現在の価格です。

一般の修理業者の料金相場

一般のMac修理業者で画面割れを修理する際の相場は10,000~70,000円ほどです。

ここまで料金に開きがあるのは、各修理業者の料金記載方法に基準がなく、それぞれの方法で料金を表示しているためです。

そのため、一見安いように見えても、ホームページに記載されているのは作業代金のみで、見積もりを取ったらパーツ代や診断料などが加算されて、最終的には数万円が必要となるケースも少なくありません。

ホームページに記載されている料金があまりに安いと感じたら料金体系を確認するとよいでしょう。

自分で修理

自分で修理を実施すれば、工具代とパーツ代を含めて10,000~30,000円ほどで画面割れを修理可能です。

しかし、Macのパネル交換は難易度が高く繊細な作業が求められます。そのため、修理に失敗してしまい、結果的により高額な修理料金が必要になる可能性があります。

また、一度自身で修理をしてしまうと、Appleからのサポートを一切受けられなくなってしまう可能性が高いです。

以上のことから、自分で修理するのは基本的にはおすすめできません。よほど修理に自信のある方や、壊れてしまってもかまわない方以外は、Appleストアや一般の修理業者に依頼するほうがよいでしょう。

Appleストアや正規サービスプロバイダに依頼するメリット

Appleストアや正規サービスプロバイダに修理を依頼するメリットには次のようなものがあります。

  • 安心して修理依頼できる
  • 依頼箇所以外のチェックもおこなってくれる

それぞれについて詳しく解説します。

安心して修理依頼できる

Appleストアや正規サービスプロバイダは公認店ということもあり、安心して修理を依頼できます。

所属するスタッフは、全員が豊富な知識や修理スキルを備えているため、どのような症状であっても適切に対応してくれます。

また、修理時に用いるパーツもすべて新品かつ純正のため「液晶の取り付け方がおかしい」「修理後に故障が再発する」といった事態が発生しません。

依頼箇所以外のチェックもおこなってくれる

Appleストアや正規サービスプロバイダで修理依頼をすると、依頼箇所だけでなくMac全体のチェックもおこなってくれます。

チェック時におかしい部分があれば、こちらもあわせて修理をしてくれるため、修理後に別のトラブルが発生するリスクも抑えられます。

Apple公認店で修理をする場合、料金は高くなりがちですが、上記のようなフォロー体制を考えるとメリットの高い修理方法といえるでしょう。

Appleストアや正規サービスプロバイダに依頼するデメリット

Appleストアや正規サービスプロバイダに依頼するデメリットとしては「料金が高くなりやすい」「データが初期化される」などが挙げられます。

Appleストアでは、修理箇所だけではなく全体のチェックや修理もおこなってくれます。ほかにも、修理をする際も壊れたパーツだけでなく、周辺の機器もまるごと交換するため、一般の修理業者にくらべて料金は高くなりがちです。

また、症状に関わらずデータが初期化されてしまう点にも注意が必要です。そのためAppleストアに修理を出す際は事前にバックアップを取っておくようにしましょう。

一般の修理業者に依頼するメリット

一般の修理業者に修理を依頼するメリットには次のようなものがあります。

  • Appleにくらべ修理料金が安くなりやすい
  • データが残る可能性が高い

それぞれ詳しく解説します。

Appleにくらべ修理費用が安くなりやすい

一般の修理業者に依頼するとAppleストアなどにくらべて修理料金は安くなりやすいです。

理由は、Appleが周辺を含めたパーツ交換で修理するのに対し、一般の修理業者は故障箇所のみをピンポイントで修理するためです。そのため、修理に関わるパーツ代に大きな差が発生しやすくなります。

さらに、もともとの料金設定がAppleにくらべて安いということもあり、総じてAppleにくらべて安くなりやすいのです。

修理料金を出来るかぎり安く抑えたいという方にとっては、とても大きなメリットといえるでしょう。

データが残る可能性が高い

データが残る可能性が高い点もメリットの1つです。

一般の修理業者へ修理を依頼をしても、データを初期化されることはほとんどありません。

また、上述のとおり故障箇所のみをピンポイントで修理するため「記憶を司るパーツが壊れている」「症状がひどくロジックボードを交換しなければならない」などの事態でもない限りデータ関係のパーツに手を加えることもないためです。

ただし、初期化をおこなうお店もまったくないわけではありませんので、修理に出す際は事前にデータの取り扱いについて確認をするようにしましょう。

一般の修理業者に依頼するデメリット

一般の修理業者に依頼するデメリットには「Appleのサポートを受けられなくなる可能性がある」「店舗ごとの対応に大きな差がある」などが挙げられます。

基本的に、Mac内部に純正以外のパーツを使用してしまうと、Appleのサポートを受けられなくなります。そのため、純正以外のパーツも修理に使用する一般業者に依頼すると、それ以降はAppleのサポートを受けられない可能性が高いです。

また、一般の修理業者は店舗ごとの対応やスキルに大きな差があります。

そのため、スキルや対応が悪いお店に修理依頼をしてしまった場合「修理後に同じ故障が発生する」「外注にまわされ高い費用を請求される」という事態につながりかねません。

このような事態を防ぐためにも、複数のお店に見積もりを取る、問い合わせをおこない対応を確認する、などを実施し、信頼のできるお店を探して依頼するようにしましょう。

Mac修理のプロフェッショナル集団「MacLogicRepair」の紹介

MacLogicRepairは、5,000件以上の修理実績を持つ、Mac修理に特化したプロフェッショナル集団です。

MacLogicRepairでは、すべての修理を従業員が直接おこなっています。豊富な修理実績もあり、画面割れの修理はもちろん、たとえ他店では修理できないような故障であっても、修理にて対応可能です。

料金に関しても、自社修理にくわえ無駄なコストを徹底的にカットしているので、他店では簡単に真似できない価格で提供しています。さらに全国どこからでも修理を受け付けています。

お客様のプライバシーにも配慮しており、お客様のデータを無断で閲覧はいたしません。修理においてデータ閲覧が必要であっても必ず事前に確認し、了承をいただいたうえで閲覧いたします。

Macの修理に関する内容であれば、どのような質問でも丁寧に対応いたしますので「こんなこと聞いていいのかな?」とお悩みの方は、どうぞお気軽にMacLogicRepairにご相談ください。もちろん相談や見積もりだけでも大歓迎です。

まとめ

Macの画面が割れてしまった場合、自分で修理するのは難しいので、出来るかぎり早めに修理業者へ依頼するのがおすすめです。

「安心できるところに依頼したい」「純正のパーツで修理して欲しい」という方であればAppleストアや正規サービスプロバイダへの依頼がおすすめです。特に「Apple care+」に加入しているのであれば、安価で専門のスタッフに修理してもらえます。

「料金を抑えたい」「データを残したい」という方であれば、一般の修理業者への依頼がおすすめです。しかし、一般の修理業者は店舗ごとの対応やスキルが大きく異なるので、見積もりや問い合わせをおこない信頼できる修理業者を選びましょう。

MacLogicRepairは、対応件数5000件以上の実績を持つMac専門の修理業者です。

Mac修理に関する高い技術を持っているので、画面割れの修理はもちろん、高い技術が必要なロジックボードの修理も大歓迎です。

また、見積以上の料金がかかってしまう場合でも、事前確認をおこないますので安心してご利用いただけます。相談やお見積もりの依頼だけでも大歓迎ですので、MacBookの故障でお困りの方はぜひ「MacLogicRepair」にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Macの修理は10年以上、累計5,000件以上のMac製品を修理してきていますので、多くの故障に対応が可能です。特に得意なのは、ロジックボードの修理です。ロジックボードは交換ではなく修理にすることでデータをそのまま残すことが可能です。
お客様の思い入れを大切にしたいという思いで、ロジックボード修理を行っています。
ぜひお気軽にご相談くださいませ。

目次